工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

久しぶりの更新

ブログを3ヶ月ほど休みました。

考えることがあって書くことができなくなり、それから大きな生活の変化があって書けずにいました。

考え込む癖は相変わらずですが、何か生活が仕事が充実しているのを感じていました。

しかしここ最近にしては珍しく、ふと不安になりこのブログを更新してみようと思いました。

今の仕事を始めて4年4ヶ月経ちましたが今が一番いきいきと働けています。

その仕事における数ヶ月の充実ぶりが本当は嘘なのではないか、思い違いなのではないか、と不安になったのです。

何もできないくせにできるようになっているだけではないか、これからもっと上を目指せるといい気になっているだけなのではないか。

本質なんて変わらないではないですか。環境が変わっただけなんです。今年に入り部署が変わって、気持ちが楽になって、自分が何かできるようになったと勘違いしているだけなんです。

今の自分は、成長したいのかどうかもわかりません。成長したいのであれば、考えてもわからないことを考えなければいけません。考えたいことばかり考えていても成長はないと思います。でも楽な方に楽な方に流れていく自分を感じています。

もっとわがままでいいと思うんです。もっと自由でいいと思います。どうも私のカンペキ主義が邪魔をします。「こうでなければいけない」「こうありたい」みたいな固定観念がどうも自分の首を絞めている気がしています。

自分のやり方で、自分のペースで、成長できればいいなと思います。邪魔なんてさせません。

今の部署は前の部署に比べてすごく仕事がやりやすいです。環境は整っています。さて私はどうするか。やはり考えてもわからないことを考える必要があると思います。