工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

「シンギュラリティ」 人工知能が人間を超えるその日を思いながら

 いきなりですがYouTubeで見た動画の話をします。「ペッパー」という人型のロボットがけん玉をしている動画です。その動画は最初、ペッパー君がけん玉に何度も何度も失敗するところから始まります。彼に備わっている人工知能の働きでしょうか、どんどんその失敗を修正し学習することで、100回目には成功します。1度成功してしまえば、そこから先は、何回やっても成功します。

 物凄い学習能力と精度をもったロボットだと思いました。解説者が言っていましたが、そのけん玉に成功したプログラムさえあれば、世界中の全てのペッパー君がけん玉を修得することが可能であるということでした。

 私は工場で働いています。何か特別な技術が必要な仕事ではありません。誰でも慣れてしまえばこなせる仕事です。ペッパー君のようなロボットがさらに改良され、私の働いている工場に導入されるようになれば、私はお祓い箱になってしまうでしょう。ペッパーさんと呼ばなければいけない日が来るのでしょうか。

 

 「シンギュラリティ」という言葉があります。日本語に訳すと「特異点」という意味だそうです。いずれ来る人工知能の能力が人間を上回るその時のことをシンギュラリティと呼ぶのでしょう。もしシンギュラリティが訪れれば、この地球上に知性をもった「生物」は人間と人工知能ということになります。人工知能が人間よりも賢くなり、人間と同じように動けるロボットに移植されれば、私たち人間はロボットよりも下等な存在になってしまうでしょう。

 私に変わって工場で働くのはそのロボットです。きっと「仕事だるいなあ、早く帰りたいなあ」みたいなしょうがないことを考えながら仕事はしないでしょう。人間より知能が高いのです。我々には想像もつかないほど高度なことを考えているはずです。仕事中に「ああ、あの子可愛いな」みたいな下らない事も考えないでしょう。そもそもロボットに性別はあるのでしょうか。いずれにせよ、今後ロボットと人工知能の発展にしたがって人間の活躍する場所はどんどんなく無くなっていきそうです。「今後人工知能に奪われる仕事」のような記事をネット上でよく見かけますよね。

 社会の主役が人間ではなくロボットになったら、私たち人間はどこで何をするのでしょうか。ロボットより下等な存在の人間をロボットが養ってくれるでしょうか。そんな風には思えないですよね。ロボットたちは私たち人間をどのように見て、どのように扱うのでしょうか。ロボットのペットでしょうか。娯楽でしょうか。食糧でしょうか。人間には考えつかない最善の答えを持っているのはロボットです。

 

 私はしがない工場労働者です。ロボットが人間を上回る未来を想像しながら今日も労働にいそしんでおりました。仕事中に仕事以外の事を考えるなんて、人間だからできることです。こんなことだから人間はロボットに取って代わられるのです。悩んだり疲れたりするのが人間の良い所と思えばそう思えなくもないですけどね。