不完全燃焼の祈り

もう少し頑張りたい三十代の日記です

過去に戻れないか

中学生に戻ってやりたいことがあります。

高校生に戻ってやりたいことがあります。

大学生に戻ってやりたいことがあります。

20代に戻ってやりたいことがあります。

 

やりたいことができなかったのは私が私を大きく誤解していたからです。また周りの人のことも誤解していました。私はその誤解に縛られて、やりたいこともできずに、30歳になってしまいました。

 

その誤解が生まれた原因は定かではありません。私の生まれ持った気質かもしれないし、成育環境なのかもしれません。

 

その誤解はまだ解けていないかもしれません。しかし、30を過ぎて父が亡くなったタイミングが奇しくも私のターニングポイントになりました。光明が差したと言いますか。

 

しかしその光明が差さなければ、私はまだ悩んでいなかったはずです。人生が上向き始めたのと比例して私の悩みは大きくなっていきました。それが冒頭の実現不可能なつぶやきにつながります。

 

取り返さなきゃ取り返さなきゃ、とあくせくして、でも何もできずもがいて、きっと何年後かには今現在をも後悔するのでしょう。

 

いっそこのまま闇落ちでもできたら楽かもしれないです。