或る工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

何もできないし、どうにもできない日々

どうにもこうにも日々は過ぎていき、ああもう駄目だと思うことばかりの日々。

 

そんな中でも、スマホを眺めてクスッと笑ったりしてる自分にびっくりします。ああ贅沢な悩みなんだなあと実感します。

 

戻ってこない日々なんか忘れてしまいたいです。最近、上向いてきた人生、この幸せの時間を後悔に費やすのか。仕事も私生活も順調で良好な私は、この贅沢な悩みをいつまで引っ張るつもりか。

 

愚か者な私は煙草を吸って、ああ生きているなあと実感しています。最近本数も増えてきました。美味しいなら美味しいと思って吸えばいいのに、ただ闇雲なんです。

 

何もできないくせに贅沢ばかり言うな、できた気になるな。その贅沢が私を狂わそうとしています。私はやはり愚か者です。幸せなのに。