或る工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

希望通りの人生のために

 私はどこの何を努力すれば私の希望通りの人生が歩めるのだろうか。

 

 そういうことを的確に判断し、努力できる人たちが大勢いる。と私は思っている。

 

 「考えない」でいたら何も成し遂げられない。わからないでいいからとりあえず「考える」

 

 私はスタートラインに立つのが遅かった。

 

 それだけで人生を損しているのに、まだ悔やんでこれからの人生を棒に振るのか。

 

 だいぶ遅いスタートではあるが今やれることをやらなければ一生後悔する。

 

 私が今まで馬鹿だと軽蔑していたものに頼ってもいいのではないか。

 

 今まで目を背けていた物にも目を向けなければいけないのではないか。

 

 逆に今まで頼っていた物を疑うことも必要なのではないか。

 

 そういう固定観念に縛られない試行錯誤、それも難しいものではなく、ごくごく一般的に受け入れられている物(私が知らないふりをしてきた、もしくは軽蔑してきた)を、生活に取り入れていかなければならない。

 

 簡単に言うが、しかし多少のお金と時間とメンタルが必要だ。

 

 無理はできないが努力しなければ何も変わらない。変わらないということは私の希望通りの人生は歩めない。

 

 心のせいにしてきた。でももう自分の心に甘えるのはやめたい。心を言い訳にしていい年齢ではない。

 

 これから自分がやらなければいけない取り組みを、楽しめたのなら、なお良い。