霧中暗中ブログ

夢も希望もない三十代の日記です

30代の決意表明

 10代、20代を棒に振った私は、この30代でなんとか、それまで失ったものや得られなかったものを取り戻したいと考えている。というか、今考えた。

 青春というものにほど遠い10代を過ごした。大学を留年し、心を病んで通院した20代。もう手遅れとは言わない。言わせない。でも、タイムリミットは迫っている気がする。

 若いうちにしかできない楽しみ、これをやってみたいですね。これをやっておかないと、歳をとってから後悔しそう。この歳になってそんなことを言っているくらいだから、よっぽど暗い人生を送ってきたと推察されるかもしれない。

 それは間違いではない。杞憂だったり思い過ごしだったり、つまらない心配をして自分に蓋をしてきた。それはこれからも変わらないし、変えられない。それは経験してわかったことだ。生半可に暗い人生を送ってきたわけじゃないのだ。

 でも人と関わるのはいい事だと最近ようやく気づき始めた。付き合い方さえ間違えなければだが。今までだいぶ人間関係をなおざりにしてきた。自己中心的で保身的で自分勝手だった。それが結局、このつまらない人生の一番の原因だろうと、踏んでいる。

 30代を充実させたいと思い始めたら、なんかその気になってきた。まあまあでもいい。完璧じゃなくていい。歳をとって、まあまあな30代だったな、とそれでいい。

 怖がらずに行動できるようになったらいい。今まで怖がってできなかったことをすこしでもできるようになったらいい。なるべく誠実に。