霧中暗中日記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

体重が減りません

 こんばんは

 

 ダイエットの話です。この間、体重を計ったら1kg増えてました。1kgプラスマイナスは誤差なんじゃないか。そう思われるかもしれません。私が定めるオフィシャルな体重というのがあります。それは朝昼のご飯を抜いて仕事から帰ってきて、夕飯を食べる前のお腹の中がすっからかんの状態でお風呂に入り、汗を流します。お風呂から出て、一日でおそらく一番体重が軽いだろうという、まさにその瞬間を計るのです。

 

 その条件で体重を計れない時は、体重計にすら乗らない時もあります。今日は良い記録が出るだろう、その自信が無ければ体重計に乗らないのです。だから1kg増えてしまったということは、そういうことなのです。

 

 もう減らないかもしれません。なんか自信がなくなってきました。まだ目標までの道のりの序盤だと思っているのですが、心が折れそうです。昨日はやけになって深夜にカップラーメンを食べました。まあ美味しいこと。

 

 やせたら、みんなを見返してやるんだ、と。堂々と街中を歩くんだ、と。そう思っていましたが、今、私の食欲が一瞬、牙をむきました。怖いですね。そして、それと同時に焦らなくてもいいではないかと、とりあえず今の生活を続けてることに意味を見出して、体重のプラスマイナスで一喜一憂しすぎない、体重を目的にしないであくまで目安と考えればいいと、そういう達観した思考も湧いてきました。情緒不安定ですね。