工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

後悔について

 こんばんは

 

 「あの時ああしていればよかった」という後悔は人生の中でたくさんありますよね。

 

 人は皆それぞれ後悔してもしきれないような出来事を抱えながら生きていくわけですが、それだって大なり小なりあるわけです。

 

 「まあ仕方ない」で済むものだったり、「今からでも何とかしよう」とあくせくしたり、「もうどうにもならない」と暗い気持ちに落ち込んだり。

 

 私は今、とある後悔で苦しんでいます。それがその当時は何ともなかったのですが、ボディブローのようにじわじわと効いてきて、1年半ほど経って今頃猛烈に苦しくなってきました。

 

 その原因は、あの当時の私と今の私の考え方が、ガラッと変わったことだと思います。あの当時、それでいいと思っていた物が、考え方が変わって、それじゃ許せなくなってきたんです。

 

 あの時には戻れないですもんね。人生に後悔は付き物ですもんね。この先どうするかを考えるしかないですよね。

 

 ポジティブに捉えるならば、私の人生はいい方向に向かっていると考えることもできます。以前の調子の人生ならば、こんな後悔すら生まれなかった。好転してきた最近の人生の中で生まれた後悔ならば、好転してきたその人生の方を祝福してあげればいい。

 

 そう言い聞かせて、なんとかなるような後悔ではないですが。