霧中暗中日記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

最悪な一日のスタートが一転

 朝目を覚ますと、目覚まし時計が鳴らなかったことに気付いた。まずいと思い、すぐに時間を確認する。今日の出勤時間は何時だったか。まさか寝坊か。寝ぼけた頭で考えるが判然としない。一気に血の気が引いていくのがわかった。おまけにスマホを充電し忘れた。電源が入らない。

 

 仕事がある日であるならば、今日は最悪な一日のスタートだっただろう。しかし、今日が休日であることをすぐに思い出し安堵する。一気にうれしくなって、布団をかぶり思い切り二度寝した。

 

 たまにこういう現象が起こる。朝目が覚めて、仕事行くのだるいなあ、起きたくないなあ、などと思いながら、休日であることを思い出す。この安堵感が結構好きなのだ。仕事に行かなければいけない状況からまだ寝ててもいい状況に変わる、棚からぼたもち感。普段、休日であることを自覚しながら目が覚めるのとは違った、特別感。

 

 だれかこの現象がわかる方、いらっしゃいますか。

二度寝のイラスト(男性)