霧中暗中日記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

自販機の思い出

 ダイエットを始めて2週間以上が経過した。

 

 毎日体重を測っているが、全く減る気配が無い。72kgから71kgの間をうろうろするばかりだ。食べる量とカロリーは明らかに減ったはずだ。ただ問題点が一つ。今まで夕食にしていたものを朝食にもってこようと試みた。しかし、空腹で目が覚めたり、深夜に我慢できなくなったりして、結局夜食を摂ることになっていることだ。

 

 というより、なんだかんだ食っている。納豆食べたり、味噌汁飲んだり、肉単体で食べたり。それでも毎日のコンビニ通いによる支出が減ったのは大きい。ダイエット続行です。

 

 今週のお題「あったか~い」

 

 「あったか~い」と聞くと自販機を思い出します。昔の自販機の「あたたかい」は今の自販機より熱くなかったですか?私が子どもの頃、平成初期の思い出ですが、「あたたかい」飲み物を買うと、素手では持てませんでした。子どもだったからなのでしょうか。必ず、上着やハンカチなど、布を通さないと「あたたかい」飲み物は持てませんでした。たまたまその自販機の設定温度が熱かっただけなのでしょうか。今の自販機で「熱くて持てない」という経験がありません。ぬるいわけではないですが、すぐに冷めてしまう温度です。今の自販機はもう少し設定を熱くしてもいいかもしれないと思う今日この頃です。