或る工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

今日の休日は野球をしました

 今日は一年ぶりくらいに野球をやりました。野球といっても男三人でキャッチボールして軽いバッティング練習をしたくらいですが。

 

 コロナだから少人数というわけではなく、以前からこの少人数で野球をしていました。ここ1、2年は集まる機会が減って約一年ぶりとなりました。

 

 しかし、私はこの三人でやる野球が大好きなのです。試合はおろか大した練習もままならないのですが、このメンツが好きです。以前は毎週のように集まって野球をしていました。かれこれ6年くらいの付き合いです。

 

 野球の後、三人で昼飯を食べに行くのも好きです。今日はらーめんを食べに行きました。気を使わなくていい仲間との食事は楽しいですね。

 

 

 話は変わりますが、今、又吉直樹の『火花』を読んでいます。私は芸人が書いた小説ということで、勝手に毛嫌いしていました。話題になった当時、母親が読みたいというので書店で購入したものが家にしまってあったのを思い出しました。

 

 とりあえず「芸人だから」という勝手に作り上げたフィルターを取っ払おうと思いました。まだ途中までですが、読んでみて初めて分かります。そんな固定観念が私の読書の機会を大きく削っていることに。

 

 読まないとわからないですよね。読んでみて判断すればいいのに、読む前から決めつけてしまうというのは、あまりいい事ではないです。今回は私の読書の機会を邪魔する「決めつけ」を取り払おうという試みとして、読んでみようと思いました。