霧中暗中日記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

不安な日々をどうしたらいいのかわからぬまま

 どうしようもなく湧き上がってくる不安に打ち勝つことのできないまま、明日も仕事に向かわねばならない。

 

 不安。今週は新製品の製造が控えている。にもかかわらず、その新製品に必要なデータがそろっておらず、かと言って上司に相談することもできない。相談できないのがかなり私を不安に駆り立てる。なぜ相談できないか。これにはそれまでの経緯があるのだが、言ってしまえば、相談するのが怖い。相談に行ったところでどんな反応をされるかと考えると不安になる。話し合いが持てない。今週末には製造があるのに、情報が少ない、上司の考えも分からない、聞けない。

 

 私はけっして怠けているわけではない。やる気がない訳でもない。責任を放棄しようという気持ちもない。ただ、上司とコミュニケーションをとるのが怖い。その一点で私は身動きが取れなくなる。私にも非があるだろうから一方的な文句は言えない。しかしどうしろと。うまくやる人はどうしているのだろうか。

 

 この不安感に対処しようとしたとき、前向きな対処が出来ればいいのかもしれない。立ち向かうというのが、私にとっての前向きな姿勢なのだが、どう立ち向かえばいいのかわからない。だから無能なのだ。いい歳して、一人では何もできない。情けない。

 

 できるならば上司ともっと円滑にコミュニケーションを取りたい。しかし、それは許されない。であるならば、私は逃げ出すことしか考えられない。逃げられればいいけど私のような無能に退路など用意されていない。まるで崖っぷちなので、いっそ落っこちてしまいたくもなる。