霧中暗中日記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

とりあえず考えてみるという癖をつけたい

 最近、仕事中、自分で考えて動こうという試みを実践しています。ただ正直、それが私の人生にどのように影響するのかはわかりません。

 

 普段から、考えても仕方ないとか、考えたところでわかりっこない、と判断したことはすぐに頭の外に追い出してしまう癖があります。もしくは、すぐに人に頼る。よくない傾向だと思います。とりあえず考えてみる。答えが出ようが出まいが考えてみる。考える癖をつけるのは間違いなくいい事だと思います。

 

 同僚がすごくよく考えて行動します。そこまで計算しなくても、とか、先読みしなくても、とか、どこからそんな発想が、などいつも驚かされます。そして、いつもの私であれば、私には関係ない、とか、そんなこと考えてる余裕はない、どうせ理解できない、とか、めんどくさい、意味がない、などと端から決めつけてしまいます。

 

 私は自分の脳みその限界を自分で作ってしまっているのです。私が考えたところで何の答えも出せないと。その癖、仕事に関係の無い事は永遠と考えているのです。確かにキャパシティは小さいと思います。なんとなく知っています。しかし、それを理由に「考えない」という行動に出るのは間違いです。答えが出るかどうかはわからないけど、考えることはできるはずですから。

 

 私は考えるのが嫌いです。嫌いだと決めつけています。でもそれは違います。考えても仕方ない、私に答えなど出せるはずもないと決めつけているのです。馬鹿だから考えても分からないと。馬鹿でも考えることはできます。「考えてもわからないから考えない」よりも「考えたけど結局わからなかった」のほうがいいはずです。順番が逆だったのです。

 

 何も難しいことをしようということではないのです。わからなくても考えてみる。これができるようになったら、少し仕事で気持ちが楽になるかもしれないと思ったのです。