或る工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

コンビニ通いを辞めてダイエットをはじめたい

 今年8月に行われた健康診断。体重が71kgでした。身長が178cmなので標準といえば標準なのですが、腹囲がメタボリックシンドロームにあと1cmと迫る84cmでした。

 

 確実に肥満化しています。原因は一つ。食生活の崩壊。痩せられるものなら痩せたい。

 

 5年前の体重が59kgでした。これは普通に生活しての数字ではありません。そうとう食べ物を制限しての数字です。夕飯はヨーグルトとサラダしか食べませんでした。午後8時以降は何も口にしませんでした。間食も無し。朝食に普通の人が夕食に食べるようなメニューを摂っていました。

 

 私は食べることに関して中庸を得ません。物凄く食べないか、物凄く食べるかのどちらかにしかできないのです。摂食障害ではないと思います。食べないのなら食べない。食べるなら食べる。ほどよく食べるができないのです。ここ10年以上、60kgから70kgを行ったり来たりしています。

 

 今は「物凄く食べる」に偏っています。コンビニには一日2回行きます。仕事帰りと家に帰ってきて夜中に行きます。ポテトチップ、アイス、お弁当などの惣菜類、デザート、際限がありません。今は食べることが幸せなので、ここ一年ずっとそんな食生活です。

 

 しかし、最近ダイエットをしたいと思うようになりました。「物凄く食べない」へのシフトです。食べるのは簡単ですが、食べないのはかなり難しいです。頑張って食べないようにしていても、ちょっとしたハプニングで気持ちが折れてしまいます。ほどよくができないので、一度でも食べてしまうようなことがあれば、もういいやとなって食欲に歯止めがきかなくなります。

 

 毎日のコンビニ通いでお金を使い過ぎているので、節約にもなると思います。健康的には、ほどよくバランスよく食べるのが理想だと思います。しかし、ちょっとそこらへんが頭の中で理解できないのかもしれません。ちょっとずつ食べる量を減らしていければなあと考えています。