霧中暗中日記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

新しい仲間が加わりました

 私の部署に中途採用の男性が入社した。まだ若い。

 

 私は短期間で転職を繰り返していたので、30を過ぎているが、仕事を後輩に教えるということに慣れていない。

 

 今日は彼の初出勤である。とりあえず、今日は仕事の様子を見ていてもらった。今日はそれでいい。しかし、明日は、その次の日は・・・。加減がわからない。どれくらいのスピードで教えて伝わるのだろうか。この説明で伝わっているのだろうか。量的にはどのくらい教えていいのだろうか。

 

 一応制限時間もある。この時間内にこのくらいの仕事は終らせておきたい、のような。しかし教えるのも仕事だ。その兼ね合いが難しい気がする。じっくり教えたい。だけどそれには限界がある。徐々に少しづつやっていけばいいだろうか。

 

 結構、体力のいる仕事なのでそっちの方も心配だ。すぐに辞められてしまっても困る。

 

 それらの心配は、私の思い上がりのような気もする。ただの余計な心配な気がする。もしかしたらバリバリの人かもしれない。なんでも覚えて、私なんかあっと言う間に抜いていってしまうかもしれない。

 

 なんと言ってもまだ初日。どっちにしろ、真面目に誠実に彼に仕事を教えるのが正解なのだ。やることは変わらない。私の思い通りにならなくても。