或る工場労働者の雑記

もう少し頑張りたい三十代の日記です

スーパーにお使いに行ってきました

 今日、仕事終わりにスマホを見ると、母からラインが来ていた。

 「帰りにスーパーに寄る?ひき肉を買ってきてほしい」

 私はめんどくさがりだが、その頼みごとを受けて「悪くないだろう」と思った。

 仕事帰りに必ずコンビニに寄る私。スーパーに行くのは多少骨が折れるが、何かひき肉のついでに美味しいものでも買って帰れるなら悪くないだろう。

 母が言うには100グラムでいいらしい。しかし100グラムがどのくらいの量なのか今一つピンと来ない。100グラムは1キロの10分の1。ちょっと少ないのか。一体何を作る気なのか。

 スーパーに行くと欲しいものがいっぱいあって困る。まず最初にひき肉をゲットし、そこからが私の独擅場だ。と奮い立ったのは良いものの、見るもの見るもの全部食べたいのだ。しかもどれも高い。食べたいものほど高い。まあいつものこと。私のふところと相談しながら物色する。

 結局、私はレトルトのカレーを2つ買った。普通のカレーなどは買わない。バターチキンカレーとキーマカレーだ。隣にマッサマンカレーなるものがあり気になったが値が張るので却下した。

 私の買ってきたひき肉で母が作ったのは麻婆豆腐だった。いつもは豆腐だけあれば作れるレトルトだが、どうやらひき肉を入れないといけないレトルトだったらしい。

 私はお夕飯に買ってきたレトルトのカレーを食べ、その後に母の作った麻婆豆腐を食べた。肉がしっかり入っているだけあり、なかなか美味しかった。雑に食べていたら麻婆豆腐を部屋着にこぼし、しっかり染みを作った。