霧中暗中ブログ

夢も希望もない三十代の日記です

私が雑念や妄想に振り回されるようになった理由

 仕事中の私はとにかく雑念に溢れている。仕事中もそうじゃない時も集中力がなく、あれやこれやと、関係のないことに思考を巡らせる。今の仕事に就いてからはもっぱら苦手な上司にキレる妄想ばかりしている。仕事に集中している時が無い。仕事を曲りなりにもこなせているのが不思議なくらいだ。気づいたら頭の中を雑念に支配されている。これは昔からの私の性質で、死ぬまで変わらないと思う。

 私は幼いころ、お化けや幽霊というものをとにかく恐れていた。父親は、子供は早く寝ろと指導していたので、末っ子だった私は親兄弟が居間でテレビを見ている中、二階の寝室で一人で寝なければいけなかった。薄暗い寝室が私はとても怖く、毎日毎日いつ幽霊が出るのかびくびく怯えながら就寝しなければならなかった。

 そんな中、幼い私はあることに興味を抱いた。その興味は子どもながら私を強烈に惹きつけた。暗闇に怯えてなかなか寝付けなかった時間をその興味で頭を満たした。妄想に走った。その妄想をしている間は、私は暗闇を忘れることができた。おそらく4歳くらいの時にはその妄想に頭を支配されるようになった。

 怖さを忘れるために妄想に逃げたというよりも、暗くて怖くて眠れない時間を妄想が埋めたと言った方がいい。全くの推論でしかないが、その頃からの習慣が、今の私の妄想癖の基礎になったのではないかと思っている。そうやって30年近く妄想ばかりしてきた癖がこの人生単位でどれほど大きいものか。

 他の人がどうなのかはわからない。誰だってそうなのかもしれない。とにかく私は余計なことを考えすぎる。あれやこれやと心配ばかりして不安になる。頭の中で起こってもいないことをこねくり回す。

 そうやって今起きている現実から目が離れていく。頭の中の想像に支配されていく。その想像はどう足掻いても拭い去れないくらい強い力で私を押しつぶそうとする。一時期現実に戻ってくる練習というものを自分で考えて実行したことがあるがうまくいかなかった。時計の針の音から意識が離れないように新聞のコラムを書き写すという練習だった。これは本当に効果があるのかななどと考えていたらいつの間にかやらなくなっていた。

 仕事中にぼんやりするのは怪我に繋がることだ。怪我だけはしないように気を付けたい。