霧中暗中ブログ

夢も希望もない三十代の日記です

部屋が汚かったので掃除した

 自分の部屋が汚い。机の上には一年以上前の保険のパンフレットが乗っているくらいでプロ野球チップスのカードや、シン・エヴァンゲリオンの半券が乗っかっている。テレビの前には三週間前に友達とやったプレーステーションが出しっぱなしだ。他にも冬服が脱いだまんまになっていたり、知り合いに借りた進撃の巨人が散乱していたりする。

 たった今、思い立ったが吉日で、思い切って部屋を整理した。出しっぱなしのものを所定の場所に戻して、ゴミはゴミとして出すなどであっという間に整理できた。十分ほどで思いのほか綺麗になってうれしい。一年以上も手つかずの場所をたった数秒で綺麗にできる。

 話は変わるが、子供の頃はなぜか、G虫を全く見かけたことがなかった。しかし大人になって頻繁に見かけるようになった。ここ十年で私の家にも暖かくなると必ず出没するようになった。この間、私の部屋にも小さいG虫が現れた。彼らは暗くなると姿を現すようで、その時も電気をつけた瞬間、私の布団の上にいるのを発見した。まだ小さかったから叫ぶまでもなかったが、大きい奴はだめだ。こういう時のために専用の殺虫剤を常備しているので速やかに処分できた。

 思い付きで部屋を掃除できてよかった。平気で半年一年とほったらかしにしている性分で、やりはじめてしまえば体が動くのだが、なかなかやりはじめるところまでいかない。掃除を終えた今、これからは出したものはきちんと元の場所に戻そうなどという気概も生まれるが、どうせできやしない。すぐ散らかってしまうのが落ちだ。